アフィリエイト×ナース

健康やメンタルヘルス、病気、仕事について書いたお役立ちブログ 現役ナースが専門的な視点で書いてます 

メンタルヘルス 認知行動療法士を目指す

認知行動療法士を目指す 第一回 認知行動療法とは

投稿日:

私は今、心理カウンセラーの資格をとるために学校にかよっています。心理カウンセラーは様々な技法を用い、クライアントをカウンセリングするのですが、私がまずやってみたかったのが、その中の技法のひとつである認知行動療法でした。

認知行動療法とは

認知行動療法とは

認知行動療法は、簡単にいうと、物事に対するゆがんだ認知を現実的で受け入れやすいものにすることで、新しい行動様式をうむ、そんな療法です。

カウンセラーは、クライアントと一緒にゆがんでいる認知、そこに潜む思い込みや信念を探り、この認知行動療法をつかって新しい認知をつくり、行動までかえていくわけです。

ここでいう認知とは、簡単に言えば、受け止め方です。少し簡単な例を挙げてみましょう。

同じ出来事でこうも違う?二人の受け止めと行動

たとえば、今朝、同僚が挨拶もせず、Aさん、Bさんの前を深刻な面持ちで通り過ぎたとしましょう。

Aさんは、私が何かしたのかも、嫌われた、という受け止めをしたとします。これといった心当たりはないのですが・・・。

Bさんは、きっと何かあったのね、疲れているのかもしれないわ、大丈夫かしら、という受け止め方をするとします。

Aさんはさらに、そのような事実はないにも関わらず、過剰に不安や恐怖を抱き、その後一日思い悩み、自分をせめてみたり、事あるごとにその同僚の行動を気にし、あげく自分の行動までおかしくなり、同僚とは普通通りに話せなくなり、同僚をさけるようになり、数日後には一緒に仕事が出来なくなりました。

Bさんは、同僚の行動に関しては、自分のものではなく、同僚の問題として受け止めたので、心配にはなったものの、自分の精神状態や行動に変化はなく、普段通りの一日を過ごしました。同僚に用事があったので、普段通りにはなしかけると、いつもの同僚の様子と変わりはありませんでした。

さて、どちらが健全な認知でしょう。

この場合、本当に同僚が二人の態度や何か不満を持っていたら、このようにはならないかもしれませんが、一つの例として考えてみてください。

Bさんの方が、結果的に問題が起きてはいませんし、健全な受け止め、認知ではないでしょうか。

Aさんのような受け止め方をしてしまうと、これから先も、ちょっとしたことで人間関係を築くことも難しくなり、悩みからぬけだせず、うつなどの心的症状を発症する可能性があります。

でも、不思議ですよね。現実で同じ体験をしたのに、人はまったくちがったうけとめ方をするわけです。

そこには、Aさん、Bさんが育ってきた環境、体験してきた人生が大きくかかわっていると考えられます。

例えばAさんは、小さい頃から両親に批判ばかりされて育ったとします。物事が起きれば、それは全部あなたのせい、あなたの努力がたりないの、と言われて育ったわけです。心の奥底には、いつも自分が間違っている、自分は価値のない人間だという信念が根付いてしまったので、事あるごとに、自分に問題があるんだ、などとゆがんだ認知で物事をうけとめてしまうんです。

Bさんはどうでしょう。たとえばBさんは、失敗をしても両親からいつも、気にしなくてもいい、あなたはやればできるんだし、今回はたまたまできなかっただけよ、あなたは価値のある愛されるべき存在なのよ、と言われ育ったとします。Bさんは、そのおかげで、今回の出来事に対し、同僚がとった行動を自分のこととしてとらえず、同僚の問題としてとらえ、自分の自尊心を傷つけたりはしませんでした。

Aさんは結果的にその同僚との関係を良好に保つことができなくなりました。このように現実に問題が起きてしまうことが、またAさんを苦しめて悪循環をうんでいきます。Aさんのような場合、ゆがんだ認知、さらには、価値のない人間であるという信念を変えていかないことには、また同じような受け止め、行動をとってしまう可能性があります。

認知行動療法は、その人のネガティブな信念を変化させ、思い込みや認知のゆがみを変化させ、行動までを変化させる、そういった療法なのです。

私にもそういうところある!と思った方は認知行動療法がむいているかもしれません

誰にでも、認知のゆがみや思い込みは多かれ少なかれあるとおもいます。ない人なんていないはず。

だから、だれでも心当たりはあるはずです。

しかし、それによりAさんのように、現実に何か問題がでてきたり、さらには心の病になりかけてしまっている、もしくは既にうつ病などを発症してしまっていたとするならば、認知行動療法はおすすめの療法かもしれません。

認知行動療法はどこでうけれるの?

まず、必要と感じた方は、本当にいま認知行動療法が必要なのか、その症状はどこからきているのか、一度心療内科を受診することをお勧めします。認知行動療法は、医師や臨床心理士、心理カウンセラー、認知行動療法士などの専門家が行うことができます。場合によっては、お薬が必要だったり、脳の器質的な疾患が隠れていることもあり、検査が必要なこともあるかもしれません。

ご心配な方、自分の認知を変えていきたいと感じたかたは心療内科やカウンセラーにご相談することをおすすめします。

認知行動療法士の資格取得について

認知行動療法士の資格はカウンセラーを養成する学校、各種協会で取得できます。

以下に資格取得できる学校や協会のリンクをあげさせていただきました。参考にしてみてください。

医療関係者、企業での人事関連、カウンセラーを目指す方、ご家族や友人のために、ご自身のためにといろいろな方が目指せる資格ではないかとおもいます。

各種機関によって、資格取得に必要な条件や金額、期間も異なりますので、ご自身にあったところをみつけてみてください。以下に挙げたものは一部ですので、「認知行動療法士 資格」などで検索なさってみてください。

ハ-トフルライフカウンセラー学院https://www.heartfullife.jp/introduction/認知行動療法士養成講座/

東京ビジネスカウンセラー学院

https://www.tbl-school.com/全コース案内/脳科学-認知行動療法プロコース/

日本認知・行動療法学会http://jabt.umin.ne.jp/j/qualification/4-2member.html

日本認知行動カウンセリング協会 https://jacbc.org/

 

このブログが少しでもお役に立てたらクリックして応援お願いします。

 

看護師ランキング

 

 

 

 

 



-メンタルヘルス, 認知行動療法士を目指す

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

歳とったら、悩むなんてカッコ悪い、弱い自分をだせない、強くなくてはならない、そう思って今にもつぶれそうなあなたへ

年齢を重ねると、強くなくてはならない、弱みを見せてはいけない、悩むなんてはずかしい、カッコ悪い、と悩みをうちに秘め、苦しくなる、そんな経験をしたことはありませんか? さらに、転職したり、昇級したり、異 …

胃痛 機能性ディスペプシア

原因不明の胃痛 機能性ディスペプシアではありませんか?

機能性ディスペプシア、聞いたことがありますか? これは胃やみぞおちの痛み、胃もたれ、不快感が続くにもかかわらず、胃カメラや血液検査などで調べてもはっきりした病気がみつからない、そんな症状を呈する病気で …

ヨガ

ヨガを始めたい方へ 始めるにあたっての注意があります ヨガと心と病気の関係

私は先月からホットヨガを始めました。 ヨガと聞いて、どんなイメージがわきますか? おしゃれなヨガウェアをまとい自分を磨く時間、海辺でヨガポーズを決めてみたり、ホットヨガで滝のような汗を流す、そんな素敵 …

成功

本当にやりたい仕事がわからないひとへ 一緒にかんがえてみませんか?

もし、いま、本当にやりたい仕事がみつからない、やりたいと思って始めた仕事に違和感を感じている、今の仕事がつらくてしかたない、もっと楽しい仕事がしたい、理想とはまったくちがったなどとおもっているなら、私 …

あなたにはメンターがいますか?人生を楽にいきるために必要なメンターの存在

私はこの年になってはじめてメンターという存在を知りました。 みなさんメンターという言葉をご存知ですか? 人生には、仕事や進路、友人や恋愛や家族関係などで悩むことが多々あるとおもいます。そんな時、みなさ …

AIがあなたのキャリアプランを3分で診断

【やっぱりナースがやりたい。もっと条件のいいところで働きたい!アフィナースも利用した転職エージェント】

♦入職で最大40万円のお祝い金:ジョブデポ

 

♦美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人の紹介キャリプレ看護師

♦転職支援金が充実ナースJJ