アフィリエイト×ナース

健康やメンタルヘルス、病気、仕事について書いたお役立ちブログ 現役ナースが専門的な視点で書いてます 

メンタルヘルス ヨガ

ヨガを始めたい方へ 始めるにあたっての注意があります ヨガと心と病気の関係

投稿日:

私は先月からホットヨガを始めました。

ヨガと聞いて、どんなイメージがわきますか?

おしゃれなヨガウェアをまとい自分を磨く時間、海辺でヨガポーズを決めてみたり、ホットヨガで滝のような汗を流す、そんな素敵なイメージでしょうか?

もしくは、体の硬い私には縁がない、とかヨガなんて運動にもならないし、なんか退屈な感じ、そんなイメージもあるかもしれません。

私は上記のようなイメージをもちながらヨガを始めてみたのですが、ヨガをやってみて、よくなった面、悪くなった面など体にいろいろな変化が現れました。

心身の健康に良いとされるヨガを効果的に行うために、私の経験をもとにブログを書いてみました。

これからヨガを始めたい方、またはじめてみたもののどうも体調がおかしいと感じている方のお役にたてるかもしれません。

ヨガを始めたきっかけ

きっかけは3つありました。

まず一つ目は娘がヨガを始めた、と聞いたことでした。娘は海外の大学にいるのですが、かなりストレスフルな状態で、精神的にも追い詰められるような日々でした。それが毎朝1時間ヨガをやって、体調がよくなったと聞いたからです。もともと、器械体操の経験者で、体を動かすのが得意であることや、新しい友人ができたり、毎朝行うことで生活のリズムも整ったのもよかったのかもしれません。そんな話を聞いて、ヨガをやってみたいなという気持ちになりました。

そして二つ目は、心理学を学んでいくうちに、ヨガをはじめ、座禅とか、今はやりのマインドフルネスとか、瞑想といった自分自身を見つめるツールという視点からもヨガに興味がわいてきたんです。

三つめは、わたしの心身の不調でした。精神的につらい時期でありました。ストレスで凝り固まった肩、四十肩は治ったものの可動域は狭くなっていました。腸骨の上に痛みも感じます。この一年で体重は5キロも増加しました。常に仕事中は交感神経優位になっているのか、自律神経のバランスもくずしていました。ヨガは副交感神経を優位にしていく、と何かの記事で読んで、さらに興味がわいてきました。

ホットヨガの体験に行ってみた

ヨガに少しずつ興味がわき、ヨガをすれば心身の回復につながるのでは、と少し緊張しながらも体験に参加してみたんです。ちなみに私は運動経験は大学時代にやった剣道のみ、運動はきらいではありませんが、運動習慣は0です。

体験したコースは、基本的なヨガポーズをとるものでしたが、しっかり呼吸をいれてポーズをとっていくからでしょうか、驚くほどの汗が流れ出てきました。ホットヨガというだけあって、室温も高いのですが、それだけではないような気がしました。

しかも、初心者でもついていけないことはありませんでした。なぜなら、ヨガのポーズはできる、できないにこだわらなくていい、とのことでした。どういうことでしょう・・・?

ヨガは自分自身を見つめる作業だけ

体験が始まってすぐに、インストラクターからの声掛けがありました。

ヨガはポーズができても、できなくてもそれがいい、悪いというものではありません。

無理はしない、でも自分で限界は決めない。無理をして苦しい呼吸をしては何の意味もありません。自分が心地よく呼吸ができれば、いいんです。

隣の人が出来ていても、気にしない、みんな手足の長さも筋力も違うんですから。

自分の内側に目をむける。おいていきたい感情はヨガマットにおいていきましょう・・・と。

なるほど、これがヨガなんだ、とおもいました。

日常ではつい人と比べたり、無理をしたり、限界を決めてあきらめたり、そんなことが起きています。ヨガでは一切そのようなことは切り離し自分自身に目をむけ、向きあっていくことが大事なんだ、と思いました。

こういう事なら、運動経験が少ない私でもできるかもしれない、今の自分を改善できるかもしれない、と入会を決めたのでした。

ヨガという言葉の意味

インストラクターさんがレッスン中にしきりに語り掛ける言葉。これはヨガが持つ本来の意味を物語っています。

ヨガとは「つなぐ・結びつける」いう意味を持っています。

ヨガは心と体を結び付け、自分自身をみつめ、すべてのことから解放され、悟りの境地に達するための過程とされています。

だから、インストラクターさんは、単にきれいなポーズをとればいい、といった指導ではなく、心にはたらきかけ、心と体が結びつくように常に働きかけてくれるんです。

良くなるはずの体調が悪化した理由

ヨガを始めて一か月。私にはいろいろな変化がありました。はじめは、ものめずらしさもあり楽しいなと思いました。固まった肩もだんだん柔らかくなり、腸骨の痛みは軽くなっていきました。

よし、いいぞ、と思う反面、どうもヨガに行くと辛くなる自分もいたのです。

始めた当初、メンタルがとても弱っていたので、「自分の内側に目をむけて・・」「おいていきたい感情はヨガマットにおいていって・・・」といわれるたびに、逆に嫌な感情に襲われ、うまくリラックスできなくなりました。そして、その感情と闘わなければならない時間に変わっていったのでした。

どうしたら、この気持ちを流せるの?ヨガって、瞑想って無にならなきゃいけないの?とよけいに混乱しました。

またヨガをすると、副交感神経が優位になるため、胃腸の動きが活発になります。それがかえって、弱った胃腸に刺激を与えてしまったのでしょうか。胃腸の調子も崩してしまったんです。

そして、無理はしないという原則に従い2週間ほどヨガをお休みしました。その間、体調は本当にすぐれず、機能性ディスペシアと診断されました。

もう、ヨガ、できないかも…と思いました。

しかし、その間に家族の支えや心理学を学んだおかげで、少しずつプラスの感情がわいてきて、体調もよくなってきました。

そして、体調がいい日にヨガに行ってみたんです。そうしたら、嫌な感情に襲われることもなく、無理して心を無にすることもせず、ヨガを楽しめたんです。

もしかして、ヨガは心身が健康な時に効果を発揮するものなのかな、抑うつやストレスに有効と言われてはいるが、その程度によっては、悪影響を及ぼすのかも知れない、と思い調べてみたんです。

ヨガと病気

興味深い研究文献をみつけました。

厚生労働省の『「統合医療」に係わる情報発信等推進事業』にかかれている

「ストレス疾患に対するヨガ利用ガイド」というものです。http://www.ejim.ncgg.go.jp/doc/pdf/y02.pdf

ヨガは健康な人の感じるストレス、それによる心身の不調には有効である、しかし、病気療養中の人や心的外傷などある人は嫌な体験を思い出して辛くなることもあり、注意が必要だ、というような内容が詳しく書かれているんです。

胃潰瘍、機能性胃腸症の患者では腹痛、心窩部痛が悪化するなどともかかれていました。これはまさしく、副交感神経にかかわるものです。

これ、私のこと?

ヨガは多くの良い効果をもたらすが、時期を誤らないこと、とも書かれていました。

この研究では2013年に2500名を対象にした調査をしています。ヨガをやっている人の半数に何らかの持病があり、40%が医療機関で治療を受けながらヨガに通っているという調査結果がでたそうです。

この結果からみてヨガに対し人々の期待が大きいことがわかります。だからこそ、頑張りすぎてしまい、より体調を崩す、そんなこともあるんだなと思いました。

当時の私は、ヨガに心理学、英語学習、さらに家事育児と、仕事以外の時間も頑張りすぎていたんだと思います。

きちんとした知識を持って、ヨガができる体調と心で臨んでいれば、これほどの不調に見舞われることはなかったと思います。

でも、よく考えると、結果的に私はヨガによって、自分を見つめなおすことができたと思います。

頑張りすぎている自分、無理をしている自分、どんなことに嫌悪感を感じ、体のどこに不調がおきているのか、ということがわかりました。

がむしゃらに通っていたヨガも、今は体調がいい時に、負荷の低いものから再開しています。

最近では、プラスの思考がふっとヨガの最中に浮かんできます。

これは心理学をやりはじめた、相乗効果もあるとおもいますが、ヨガがもたらす悪い面(自分にとって)を理解したからだと思います。

これからヨガをやってみたい、でも病気が心配、精神面が心配という方は、上記の研究に目を通してみてください。それから、主治医にも相談してみてください。

皆さんが、素敵なヨガライフを送れますよう、陰ながら応援しています。

 

 

このブログが少しでもお役に立てたらクリックして応援お願いします。

 

看護師ランキング

 

 

 

 



-メンタルヘルス, ヨガ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

認知行動療法士を目指す 第一回 認知行動療法とは

私は今、心理カウンセラーの資格をとるために学校にかよっています。心理カウンセラーは様々な技法を用い、クライアントをカウンセリングするのですが、私がまずやってみたかったのが、その中の技法のひとつである認 …

ストレス

話題の退職代行について考えてみた

ゴールデンウィーク明けに、仕事をやめる人が続出し、退職代行の依頼が増加したという報道がされていました。 “「10連休退職」がヤマ場 退職代行サービス需要急増” https://headlines.ya …

胃痛 機能性ディスペプシア

原因不明の胃痛 機能性ディスペプシアではありませんか?

機能性ディスペプシア、聞いたことがありますか? これは胃やみぞおちの痛み、胃もたれ、不快感が続くにもかかわらず、胃カメラや血液検査などで調べてもはっきりした病気がみつからない、そんな症状を呈する病気で …

あなたにはメンターがいますか?人生を楽にいきるために必要なメンターの存在

私はこの年になってはじめてメンターという存在を知りました。 みなさんメンターという言葉をご存知ですか? 人生には、仕事や進路、友人や恋愛や家族関係などで悩むことが多々あるとおもいます。そんな時、みなさ …

成功

本当にやりたい仕事がわからないひとへ 一緒にかんがえてみませんか?

もし、いま、本当にやりたい仕事がみつからない、やりたいと思って始めた仕事に違和感を感じている、今の仕事がつらくてしかたない、もっと楽しい仕事がしたい、理想とはまったくちがったなどとおもっているなら、私 …

AIがあなたのキャリアプランを3分で診断

【やっぱりナースがやりたい。もっと条件のいいところで働きたい!アフィナースも利用した転職エージェント】

♦入職で最大40万円のお祝い金:ジョブデポ

 

♦美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人の紹介キャリプレ看護師

♦転職支援金が充実ナースJJ