アフィリエイト×ナース

健康やメンタルヘルス、病気、仕事について書いたお役立ちブログ 現役ナースが専門的な視点で書いてます 

メンタルヘルス

歳とったら、悩むなんてカッコ悪い、弱い自分をだせない、強くなくてはならない、そう思って今にもつぶれそうなあなたへ

投稿日:2019年3月9日 更新日:

年齢を重ねると、強くなくてはならない、弱みを見せてはいけない、悩むなんてはずかしい、カッコ悪い、と悩みをうちに秘め、苦しくなる、そんな経験をしたことはありませんか?

さらに、転職したり、昇級したり、異動したり、レベルアップのために勉強をはじめたり、と歳をとると、プレッシャーのかかる立場になることも多々あります。
そんな時に、是非読んでほしい、今日はそんなお話です。

転職はレベルアップと思っていたのに、能力の低さを思い知った

アフィナースは44歳になりました。
去年、急性期病院の一般病棟からクリニックの外来に転職し半年が過ぎました。
転職した当時は、病棟よりは仕事も単純だし、新しい場所で自分の能力を最大限発揮して、レベルアップするぞ、なんて思っていたんです。

しかし実際は、勝手も違う、ルールも違う、仕事の内容も違う、メンバーもちがう、診療科もちがう、と本当に大変でした。とても自分の能力の発揮なんてできる余裕もありませんでした。
最近やっとひととおりの仕事ができるようになりましたが、まだまだ、自分の未熟さがゆえ、メンバーとのコミュニケーションエラーが起きたり、ドクターの考え通りに動けないなど、悩みは絶えません。

そして、外来に来たことで、病棟で働いていた時は、チームメンバーである、先輩や後輩、同僚にいかに助けられてきたか、ということにも気付きました。
それはつまり、私ひとりの能力なんて、こんなにも低く、仕事ができると思っていたなんて、思いこみだったんだ、、ということに気づいたということでした。

外来ではナースの人数が少ないため、個人の能力がむき出しになりますし、チーム内でフォローしあうことは、実際難しいわけです。

さらに、ある程度経験をみこまれて採用されたのだし、弱音なんて吐けない、、というプレッシャーもあり、とうとう行き詰まりました。

そして、自信を失い、仕事をすることがこわいと感じ、集中もできなくなりました。

仕事はやればやるほど難しくなる。悩むことは、成長しているってこと

そんなとき、母にこのことを話したんです。たまたま、ランチをすることになり、相談をしにいったわけでなかったのですが、今こんな状況なんだ、、と話をはじめました。

「この歳になってもさ、まだまだ悩みは絶えないし、最近は仕事がこわいと思うようになった。私が想像した四十代はもっとメンタルもつよいイメージだった、、」と。

母からはこんな言葉がかえってきました。
「あなた、やっと本当の意味で仕事が難しくなってきたんだね、仕事っていうのは、やればやるほど難しくなるものよ。」

母は小料理屋のママさんを二十年やっていていました。そして経験したことからこんなことを話してくれました。
母はお客様からカウンセラーと呼ばれるくらい、お客様のおはなしを、聞くのが上手だったそうです。

「小料理屋も、やればやるほど難しくなった。」

「お店っていうのはね、ただお客さんにお酒をすすめて、気分よくなってもらう、そんな単純なことではなく、どうしたらお客様に喜んでもらえるか、心から相手の話を聞いて、相手の考えや要望を知り、接客することが、どれだけ難しいか、怖いことなのか、やっていくうちに、だんだんわかるようになったのよ」と。

「人は一生悩まないなんてことはなくて、歳をとっても、強そうで悩みなんてなさそうな人も、地位のあるえらい人も、どこかでかならず、なやんでいるものよ。ただそういう人が、吐き出すことのできる安心できる場所があるってことは大事よね、みんな、お母さんのところにきて、吐き出していたわよ。悩むってことは、それだけ真剣にとりくんでいるということ、成長しているってことよ」と。

わたしは、それを聞いて心から安心しました。

歳をとっても、キャリアをつんでも、悩むのは当たり前、仕事はすればするほど難しくなるんだ、ならば、私が悩むことは、ちゃんと成長しているってことなんだと。

吐き出せる場所がある人は強い

母は続けてこういいました。

「大事なのは、それをは吐き出せる場所があるってこと。だれでも、そんな場所があるから安心してがんばれるのよ。

あなたが、チームのメンバーにささえらていたから能力を、発揮できたのと同じ。チームのメンバーがいるから、安心して仕事に集中できたのよ。今はひとりでやらなきゃならないとか、安心感がないから、集中できないのよ、、それは集中できなくて当然だと思うよ。」

そういうことなのか、と思いました。病棟ではみんなで一つになり仕事をしている、相談できる人もたくさんいた、そんな安心感もあり、自分の能力が発揮できていたのです。今は人数もすくないため、忙しい時には特にまわりをたよれず、相談も出来ないことが多いので怖いんだ、、と納得しました。

つまり、支えもらえる環境がある、弱音をはける場所があることは、はずかしいことではなく、能力を発揮するためには必要な場所なんです。

若いときは、思いっきりできた、というのは、若いときは友人や上司、親や同僚に弱音をはいて、ささえてもらっていたから安心して、思いっきり出来ていたのかもしれません。

歳をとるにつれ、強いぶ厚いバリアーをはり、強い自分であるために、悩みをうちあけられずにいる人がいたら、それは、自分の能力を発揮できなくなってしまう可能性があるということです。どこでもいいから、悩みを吐き出せる場所を見つけてください。

どんなえらい人も、社長さんもみんな、えらくなればなるほど、仕事は、難しくなる、悩みも増えるんです。

アメリカでは一人一人にカウンセラーをつけるのは当たり前というくらい、プロに悩みをうちあけるのが普通のことのようです。日本ではまだまだ、カウンセリングをうけるのは、精神的に、病んでからというイメージがありますが、そうなってからでは回復に時間もかかります。

つぶれそうになる前に、ぜひこのことを思い出して、誰かに吐き出してみてください。

もうすぐ4月、環境が大きく変わる季節に気をつけたいこと

これから四月、新しい環境で働く人、学びを始める人、生活をかえる人などたくさんいると思います。五月病というだけあって、これからは悩みが増える季節でもあります。三月からは自殺者もふえる、ともいわれています。

辛い気持ちなっても、みなさん、おんなじですよ。みんな悩んでます。

お金もちのひとも、地位のある人も、お年よりも若者もみんな同じです。

弱音をはくことができ、支えてくれる人を見つけましょう。

 

それは、自分の能力を発揮するためにも必要な場所だからです。

 

このブログが少しでもお役に立てたらクリックして応援お願いします。

 

看護師ランキング

 

 

 



-メンタルヘルス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ヨガ

ヨガを始めたい方へ 始めるにあたっての注意があります ヨガと心と病気の関係

私は先月からホットヨガを始めました。 ヨガと聞いて、どんなイメージがわきますか? おしゃれなヨガウェアをまとい自分を磨く時間、海辺でヨガポーズを決めてみたり、ホットヨガで滝のような汗を流す、そんな素敵 …

胃痛 機能性ディスペプシア

原因不明の胃痛 機能性ディスペプシアではありませんか?

機能性ディスペプシア、聞いたことがありますか? これは胃やみぞおちの痛み、胃もたれ、不快感が続くにもかかわらず、胃カメラや血液検査などで調べてもはっきりした病気がみつからない、そんな症状を呈する病気で …

認知行動療法士を目指す 第一回 認知行動療法とは

私は今、心理カウンセラーの資格をとるために学校にかよっています。心理カウンセラーは様々な技法を用い、クライアントをカウンセリングするのですが、私がまずやってみたかったのが、その中の技法のひとつである認 …

成功

本当にやりたい仕事がわからないひとへ 一緒にかんがえてみませんか?

もし、いま、本当にやりたい仕事がみつからない、やりたいと思って始めた仕事に違和感を感じている、今の仕事がつらくてしかたない、もっと楽しい仕事がしたい、理想とはまったくちがったなどとおもっているなら、私 …

ストレス

話題の退職代行について考えてみた

ゴールデンウィーク明けに、仕事をやめる人が続出し、退職代行の依頼が増加したという報道がされていました。 “「10連休退職」がヤマ場 退職代行サービス需要急増” https://headlines.ya …

AIがあなたのキャリアプランを3分で診断

【やっぱりナースがやりたい。もっと条件のいいところで働きたい!アフィナースも利用した転職エージェント】

♦入職で最大40万円のお祝い金:ジョブデポ

 

♦美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人の紹介キャリプレ看護師

♦転職支援金が充実ナースJJ