アフィリエイト×ナース

健康やメンタルヘルス、病気、仕事について書いたお役立ちブログ 現役ナースが専門的な視点で書いてます 

メンタルヘルス

本当にやりたい仕事がわからないひとへ 一緒にかんがえてみませんか?

投稿日:

もし、いま、本当にやりたい仕事がみつからない、やりたいと思って始めた仕事に違和感を感じている、今の仕事がつらくてしかたない、もっと楽しい仕事がしたい、理想とはまったくちがったなどとおもっているなら、私と一緒にかんがえてみませんか?

生涯のうち、ほとんどの時間を仕事でついやすのであれば、たのしくてやりたいことを仕事にしたいですよね。そのためにはどうしたらいいでしょうか。

そのためには、まず、自分を知ること、自分の人生をふりかえってかんがてみましょう。

人生ではじめて仕事について考えたのはいつでしょうか?

きっと幼い頃、誰しもが聞かれた経験のあるあの言葉をかけられたときではないでしょうか?

「あなたは将来何になりたいですか?夢はなんですか?」

この言葉をかけられ、私は歌手になりたい、僕はサッカー選手になりたいなどと、将来の夢や仕事について考えるようになるのです。

その時はあこがれとか、おもいつきとかで答えた人も多いと思います。しかし、現実おもいつきやあこがれだけでは一生涯の仕事を見つけることは難しいとおもうんです。

これから一緒に人生をふりかえって、自分をみつめ、本当にやりたいことをみつけてみませんか?

でははじめましょう!

その1 ちいさい時に聞かれた将来の夢は?思い出してみましょう

みなさん、さあ、小さい時の記憶をさかのぼってみましょう。

私の場合、小学校入学して間もなかった頃でしょうか、将来なりたいもの、というような作文を書かされました。みなさんも経験があるのではとおもいます。思い出してみてください。

私には当時なりたいものなんてなかったし、考えたこともなかったんです。人生ではじめて自分の職業について考えたとおもいます。

私はなにもおもいつかず、近所にある靴屋さんを思い出しとっさに靴屋さんになりたい、と作文を書き始めました。作文の内容も何となくですが覚えています。

作文をしあげるためにつくりあげた、「なんで靴屋になりたいかストーリー」です。おじさんのようなやさしいくつやになりたい、そんな内容でした。

くつやさんは優しいことに嘘はありませんが、私はまったく靴屋になりたいとおもっていませんでした。

そしてその作文を大人は褒めてくれました。そんなしっくりしない経験が印象的だったのか、私はこの出来事を大人になってもよく思い出します。

あまりに小さい時に、将来についてきかれると、子供はこういった反応をするのではないでしょうか。作文を書くために、夢を考える。とりあえず書く。夢を語れば親は喜ぶ、大人には褒められる。

野球選手になりたい、サッカー選手になりたい、歌手になりたい、ユーチューバーになりたい。そんな夢だけ聞いていると、大人は、夢や希望をもった子供をみて応援したくなりますし、自分のできなかった夢を重ねたりして自然と子供にプレッシャーをかけている、そんなこともあるかもしれませんね。

これに意味はあるのでしょうか。この質問の意味を真剣にかんがえてみると、私には、それほどの意味がある質問に思えない、むしろその質問によって、将来について深く考えることができなくなるではないかと思うんです。
多くの人が人生において長いことその質問に振り回されているのではないでしょうか。

私は思うんです。将来の夢(職業)を聞くよりか、あなたの好きなものはなんですか?得意なことはことは何ですか?どんなところに住みたいですか?どんなところで働きたいですか?そんな具体的な質問の方が、子供に気付きを与えられると思うんです。

つまり、自分にも聞いてみてください。

「ねえ、自分、あなたは将来なにになりたいの?」ではなく、

「ねえ、自分、あなたは何が好きで、何が得意?どんなとこに住んで、どんな人と働きたい?」

と、聞いてみてください。

このような質問を小さい頃からしていると、それは自分を知る訓練ですから、今、将来についてもっと簡単に、シンプルに、苦しまずに考えることができたかもしれない。そう思うんです。

逆に言えば今苦しんでいる人はその訓練を今からすればいいと思うんです。

特に以下に当てはまる人は、自分に問いかけてあげてください。

  • 小さい頃にきかれた質問の答えを全うしなければならないと責任を感じて、本当はやりたくない仕事をしている。
  • 社会的に認められる仕事につけば親や周囲がほめてくれる、そんな基準で仕事を選んだがしっくりこない。
  • 好きでもないことを仕事にしていると感じている。仕事はお金を稼ぐものだから、つらくても好きな仕事でなくでも仕方ない。
  • 得意なことが仕事でいかせない。たとえば人と話すことが得意なのに、一日中パソコンで仕事をしているなど。
  • 私のように、昔、夢を書かされたが、本当にやりたいことではなかった。
  • 決めなければいけないから何となく進路を決め、そのまま何となく仕事を決め、ずっと違和感がある。

これらに当てはまるのであれば、一度じっくり、自分の好きなこと、得意なこと、どんなライフスタイルが送りたいか、どんな人と仕事したいか、など具体的に考えてみてください。きっと、そこから本当にやりたいことがみつかるとおもいます。

その2 なぜ今の職業についたのですか?動機をふりかえってみましょう。そして実際はどうだったのかかんがえてみましょう

まず、私が看護師になった動機からお話します。

高校のとき、2年にもなると、文系理系などの話がでてきます。私は絶対文系がよかったので、まず理系の職業は排除しました。それから、パソコンなどよりは人相手がいいな、また女性でも自立できるよう手に職をつけたい、そうおもうと、自然と看護師になりたいと思いました。

学校を選ぶときは、助産師になれる学校がいいか、防衛がいいか、国際協力に強い学校がいいか、など学校の特色から選び、国際協力に興味があったので国際協力につよい系列病院の短期大学にいきました。

つまり私が看護師になった動機は

  • 人と接する仕事がしたい
  • 女性でも自立できる仕事がしたい
  • 理系でなくてもなれる仕事に就きたい
  • 国際協力ができる看護師になりたい

という考えからでした。

では看護師になって実際どうだったのでしょうか。

人と接する仕事、このことに関しては看護師になって正解でした。相手は人ですから。患者やその家族、医者や多職種とかかわれて、あらゆる人と接することができる仕事です。

しかし、接する=じっくりかかわるとおもっていると、配属された先によってはジレンマが生じると思います。急性期病棟は忙しく、もっと患者や家族と深くかかわりたいと思ってもかかわれない。外来は、関わる時間はほとんどない。

わたしは人と接するだけでなくじっくりかかわりたい、そう思いました。最初に配属されたNICUや訪問看護では比較的患者やご家族とじっくりかかわれたのですが、最近急性期病棟、外来と経験しその思いが強くなり、心理カウンセラー、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなどに興味をもちはじめました。このところ各種学校に見学に行き始めたところです。

次に女性でも自立できる仕事ですが、看護師は高給といわれますが、伸びしろは少ないと思います。看護師の多くはサラリーマンですから額も大体決まってしまいます。

努力した分大幅に給料がふえるなんてことは少ないですし、もし一人のお給料で子供を養うとしたら、夜勤をやったり過酷な労働が必要でしょう。

私は最近、決まったお給料よりフリーランスになって、自分で稼いでみたいと思うようになりました。

当初考えていた、女性でも自立できるほどのお給料まではいかないし、限界を感じただけでなく、決まった額をもらうことをつまらないと感じたからです。

今は、先ほどあげたカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの資格を取って、看護師の経験を活かし、フリーランスで収入を上げたい、という目標ができました。

次に国際協力ができる看護師になりたい、に関してですが、看護師になって国際協力をしたいと思っていた当時は、難民キャンプや、発展途上国で活動することが夢でした。しかし、子供もいて現状それはどうやっても難しい。

でも国際協力はなにも看護師でなくてもできるとおもいます。具体的に何ができるかはまだわかりませんが、最近、英語を習い始めたんです。今は無理でも、英語を習得すれば、人生のうちのどこがでチャンスが来たら活動ができるかもしれない。そうおもって、今は英語を勉強しています。人生は予想もしなかった展開があったり、子育てや介護など、自分以外のこともたくさんしなければなりません。なので、やりたかったことができないなんて、あっても仕方がないんです。できないなら方法や方向をかえてみたらいいとおもいます。

みなさんも、まずはなぜ今の職業についたのか、そして実際はどうだったのか、実際違っているなら、どのように修正したらいいか、考えてみてください。

私は、いまよりもっと人とじっくり接し、もっと収入もふやし、いつかチャンスがあれば国際協力もしたい、それらをかなえるために何をするか、今真剣にかんがえています。

その3 今とってもしんどかったら休みましょう

私は去年転職しました。転職前は夜勤もあるし、朝も早いし夜も遅い。毎日が忙しく、くたくたでしたがやりがいがあったので、あまりたちどまることもなくがむしゃらに働いていました。

家族の都合で、時間の余裕のある外来に来て、気付いたんです。人とじっくり関わりたい、とか、もっとお金がほしいとか、同じ志を持った人と働きたいとか、もう一度英語を学びたいとか。それから、娘が留学したことで、親として様々な経験をし、若い子の悩みに対して力になりたいと思うようになりました。

現状辛いかた、一度休んで時間をつくると、自然と脳や心も働いてきますよ。やすむこともおすすめです。

その4 知らないことを知ったり勉強する時間をつくりましょう

私は最近YouTubeで、クリスの部屋という動画を見ています。ライフコーチであるクリスさんのお話は勉強になりますし、優しくていやされますし、勇気もでます。

クリスの部屋

https://www.youtube.com/channel/UCfqRMJrg010qS35Kj_dhuKA

知らなかった世界を知ることは、自分の人生においてとても大事になってきます。クリスさんのおかげで、今私は自分を大事にして、やりたい仕事に挑戦しようという気持ちになりました。

最近は本もよみます。仕事もして、英語もやっているので、時間はあまりないので、本はお風呂の湯舟につかっている時間だけよみます。しずかな個室で、自分のゾーンで読む本は、集中できますし、ストレス解消になります。

がむしゃらに走り続けるのではなく、自分をしって、いたわって、勉強し向上していけばおのずと道は見えてくると思います。

その5 考えがまとまってきたら書いてみましょう

私のようにブログでもいいですし、日記でもメモでもいい。人間の記憶は1日で70%失われるそうです。(大人の脳習慣より)

能力を最大限引き出す大人の脳習慣 結果が出る!最新脳科学の実践法/林成之/篠原菊紀/古賀良彦【1000円以上送料無料】

価格:1,404円
(2019/3/6 01:06時点)
感想(0件)

私は今こんなところまで考えています。(途中経過でもいいので書いてみましょう)

  • 今の外来の仕事は自分のやりたい仕事ではない。
  • 10年先までやりたいと思うことを仕事にしたい。
  • ワクワクできることをやりたい。
  • 人の心にかかわる仕事がしたい。
  • 若い人の力になりたい。
  • 人の人生にかかわる仕事がしたい。
  • 人に共感する、話を聞くのは得意だとおもう。
  • 私は優しい性格だと思う。
  • 人の悪口やばかにする人は苦手、そんな人がいない職場ではたらきたい。
  • プレッシャーをかけるような職場では働きたくない。
  • フリーランスで稼ぎたい。ネットもつかって在宅で働けるしごともしたい。カウンセリングなど
  • 私生活も充実できるよう、長時間労働しない働き方をしたい
  • 自己啓発のために英語を続ける。

このように書きだすと、自分の頭の中がスッキリ整理できます。

すべてがかなうかもしれませんよ。

その6 自分を信じる できないと思わない

私のメンターであるクリスさんも言っています。自分を信じて、出来ないと思わないこと。英語の先生であるおうちホームステイの山内先生もよくいいます。バリアをはらないこと、と。私は留学したことがないから英語は話せない、など自分でバリアをはらないこと、だそうです。

おすすめの本も紹介します。

「こころの持ち方」という本です。この本は人生を楽する秘訣のようなものがいっぱいつまっていますよ。短い本ですし、ほんの途中からどこから読んでもいいので気軽に読めます。

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書) [ ジェリー・ミンチントン ]

価格:1,080円
(2019/3/6 01:13時点)
感想(1件)

 

どうでしたか?何か少しでもこのブログを読んで変化がおきてくださったら幸いです。

 

 

このブログが少しでもお役に立てたらクリックして応援お願いします。

 

看護師ランキング

 

 

 

 



-メンタルヘルス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレス

話題の退職代行について考えてみた

ゴールデンウィーク明けに、仕事をやめる人が続出し、退職代行の依頼が増加したという報道がされていました。 “「10連休退職」がヤマ場 退職代行サービス需要急増” https://headlines.ya …

ヨガ

ヨガを始めたい方へ 始めるにあたっての注意があります ヨガと心と病気の関係

私は先月からホットヨガを始めました。 ヨガと聞いて、どんなイメージがわきますか? おしゃれなヨガウェアをまとい自分を磨く時間、海辺でヨガポーズを決めてみたり、ホットヨガで滝のような汗を流す、そんな素敵 …

あなたにはメンターがいますか?人生を楽にいきるために必要なメンターの存在

私はこの年になってはじめてメンターという存在を知りました。 みなさんメンターという言葉をご存知ですか? 人生には、仕事や進路、友人や恋愛や家族関係などで悩むことが多々あるとおもいます。そんな時、みなさ …

認知行動療法士を目指す 第一回 認知行動療法とは

私は今、心理カウンセラーの資格をとるために学校にかよっています。心理カウンセラーは様々な技法を用い、クライアントをカウンセリングするのですが、私がまずやってみたかったのが、その中の技法のひとつである認 …

胃痛 機能性ディスペプシア

原因不明の胃痛 機能性ディスペプシアではありませんか?

機能性ディスペプシア、聞いたことがありますか? これは胃やみぞおちの痛み、胃もたれ、不快感が続くにもかかわらず、胃カメラや血液検査などで調べてもはっきりした病気がみつからない、そんな症状を呈する病気で …

AIがあなたのキャリアプランを3分で診断

【やっぱりナースがやりたい。もっと条件のいいところで働きたい!アフィナースも利用した転職エージェント】

♦入職で最大40万円のお祝い金:ジョブデポ

 

♦美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人の紹介キャリプレ看護師

♦転職支援金が充実ナースJJ